彩りとバランスspan>

彩りとバランス

彩りとバランス 午前中の仕事や勉強が終わり、ホッと一息つけるのがお昼休みです。
コンビニや惣菜店でお昼ご飯を購入するのもよいですが、味に飽きたり節約の意味もこめて自分でお弁当を作ってくる人もいるでしょう。
もとから料理が好きで作る人もいますし、昨日の夕飯の残りをつめてくることもあります。
いずれにしても、美味しそうに見せる工夫は必要です。
ご飯のおかずにあう和風弁当は、朝食の支度のついでにも作れるため効率がよい内容です。
肉や魚、玉子などのタンパク質とビタミン類が豊富な野菜をバランスよく詰めていけば栄養面でも申し分のない和風弁当となるでしょう。
和風弁当は出汁がよくきいており、塩分を調整しやすいメニューになります。
高血圧や体脂肪が気になる人は食べ過ぎを防ぐ意味でも、和風弁当がおすすめです。
また、白いご飯ではおかずをたくさん作らなければならないから面倒だという人には、炊き込みご飯という強い味方もあります。
和風の代表として食材を上手に使い、手軽で美味しいお弁当を作りましょう。

鮭は弁当に最適な食材

鮭は弁当に最適な食材 お弁当のおかずを考えるのは楽しくもあり、また少々面倒なこともあります。
自分ひとりだけでなく家族分のお弁当を作るとなると、栄養のバランスや彩りも考えなければなりません。
手抜きだと思われないようにするためにも、手を抜くのではなく手軽に負担をかけず作りたいものです。
栄養のバランスを同時に、なるべくカロリーを控えて且つ満腹感を得られる内容にしましょう。
動物性タンパク質だけでなく植物性タンパク質を合わせ、野菜などのビタミン類は蒸すことで栄養が流れ出てしまうことを防いだり、油と一緒に調理することで栄養の吸収をよくします。
冷蔵庫や冷凍庫に鮭の切り身があればとても重宝します。
鮭なら焼いてもよし、野菜と炒めてもよし、しかもスーパーでは安定した価格で提供されています。
おにぎりの具としても最適で和風弁当の代表格とされています。
和風弁当に一切れ入っているだけでもうれしくなるでしょう。
日本ではお馴染みの食材ですが、白いご飯がすすむのでお弁当には最適な食材といえるでしょう。