低カロリーな和風弁当span>

低カロリーな和風弁当

低カロリーな和風弁当 お弁当はイコールで太りそうなイメージがありますが、料理には種類がありお腹にも満足でありながら、カロリーを抑えたいなら和風弁当です。
炭水化物と揚げ物のオンパレードとは異なり、純和風の昭和の香りも漂う和風弁当なら、扱う素材も料理方法も油っぽくはありません。
新鮮で多彩な食材が持つ、その持ち味を活かしていますし、栄養バランスが取れた内容です。
季節の移ろいや自然の醸し出す美しささえ、和風弁当には織り込まれていることがあります。
素材ごとの旨味を引き出して調理をするので、健康的な食事になりますし、揚げ物よりも煮物や焼き物がメインです。
その際には自然のうま味調味料を使いますので、出汁や味噌に醤油など安心して口にできるものばかりです。
味わいをこうした物から引きだすことから、おかずも含めてカロリーは抑えることができます。
日本が誇る伝統的な和食は、目にも味わいにも食べても心をほっとさせてくれる食事となるはずです。

明るい印象で華やかさを醸し出す和風弁当のちらし寿司

明るい印象で華やかさを醸し出す和風弁当のちらし寿司 甘みと酸味が絶妙なおいしさを引き立てる酢飯の上に、色とりどりの海鮮や具材を散らばせるのが、和風弁当でもひときわ華やぐちらし寿司です。
似ているのは五目ずしですが、酢飯の中にすでに筍や蓮根に人参にかんぴょうなど、多数の具材が混ぜ込まれています。
一方でちらし寿司の場合は、ごはんの上に多彩な具材を散らします。
そのため和風弁当で購入をすると、ふたを開けたときに色鮮やかで美しいと感じるのも素敵な点です。
基本としては人参に蓮根やきぬさやに、干したシイタケに蒸しエビ、いくらや錦糸卵などを乗せます。
上から見ると黄色みが強めで明るく見えるのは、全体的に錦糸卵で酢飯を覆っているためです。
その上にオレンジが鮮やかないくら、柔らかく新鮮なエビが華やかさを一層引き立てています。
加えてさやいんげんなどが散らされることで、明るいグリーンがより全体を美しく引き立てる要素です。
味わいもさることながら要は、色のバランスも食欲を掻き立てることになります。